涙の向こう/ありがとうと過去の浄化

なにの話しからそうなったのか

友人Kちゃんと会っていて、昔話になりました。

辛かった頃の話しだったので、ほろりと涙があふれてきました。

大人になってからのことです。

村八分にあった時期がありました。

それまで地域の人とそれなりに広い付き合いを築いてきたつもりでした。

けれどひとつの出来事をきっかけに、挨拶も無視されるという孤立状況へと変わりました。

つらく怖かったですし、孤独でしたよ。

そんな中、ママさん2人だけ、変わらず私に話しかけてくれました。

ありがたかったです。

同時に申し訳なく、自分と言う存在が、ほんとに40年弱なにを大事に生きてきたんだろうと、自分が情けなく感じました。

「大事にしてくれる人を、大事にしたい人だけを、大事にしよう」

このとき生まれた新しい気持ち〈新しい概念〉は、今でも変わりません。

数日後、そのうちの一人のママさんに連絡してみました。

言えないままだった、「ありがとう」を彼女に伝えたいと思いました。

7-8年ぶりなのでドキドキしました。

この夜私は心が温まるような、うれしい気持ちでいっぱいでした。

ずっと避け続けてきた過去を清算できるタイミングに来ました^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です