龍に龍の、人間には人間の。

大ー昔の過去生で、〇〇湖の一角に白い龍の赤ちゃんを隠しました。

悪い奴らに捕まらないように、石の中の別次元へ匿いました。

(ドラえもんの四次元ポケットみたいな感じですね)

およそ400年後に生まれてきた私はひょんなことから思い出し、今春、龍の開放に行ってきました。

行ってみれば、正確な位置も、開放の仕方も覚えているものでした。

白い龍はもう大きーいです。

まず話しをしようと思いました。

内から出てきた言葉は、「大丈夫だった?心配してたんだよ」

-おぉ、自分はそんな風に思ってたのか。

さて、肝心なことをせねばなりません。

どうやったら隠した龍を開放できるのか?っと思っていると

「長い時を経て今、〇〇〇を〇〇〇〇〇」

合言葉かのようでしたが、これでOKとなりました。

こちら側にでてきた白い龍は去ることをせず、他の龍たちと一緒に上空に留まっていました。

もう少し話しがしたいなと思い、「また会える?」と言ってみたところ、

「会えない」とこちらを見向きもしない感じでした。ガクッ

-そうそう、龍とはこういう者だった。

人間には人間の世界があるように、見えない存在である龍も龍たちの世界があり、やることがあるようです^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です