私が変わったきっかけ/私を変えた力

このお話しは、私にとっては大きなきっかけであり、大切なことであり、原点でもあるので、お話しさせていただく機会が多いです。

誤って消してしまった以前のブログにも書いていましたので、覚えのある方もいらっしゃるかと思いますが、やっぱり自分にとって大切なことだから書いておきたいと思います‼

拾ったお財布を交番へ届ける親切心とは

私がスピリチュアルに関わっていきたいと思った大きなきっかけがあるんですね。

当時私は、自分に良いことが起こってほしいから、良い行いを心掛けていていました(良い人にもなりたかったし)。

そして、そのような気持ちがいやらしい、けれど表では良い人のように見られることに満足もしていて、その矛盾した自分を持て余していました。

どうにかする術もわからなかったんですね。

そのことを、スピリチュアルのセミナーを受けに行ったときにお話ししました。

今もお世話になっているスピリチュアルの師匠とも呼ぶ方です。

私はこう話したのを覚えています。

「例えば、道でお財布を拾ったとします。私は、自分にいいことがあってほしいから、そのお財布を交番に届けます。けれど、本当の親切心からじゃない、そんな自分がイヤなんです。」と。

そうしたらその方は言われました。

僕もお金がないときがありました。でも、僕の場合は、そのお財布に2万円が入っていたとして、僕は2万円くらい自分で稼いでやるっと思ったと思います。そして、このお財布がなくて困っている人がいる、だから交番に届けよう、って今は思います。」と。

“困っている人がいるから”。それが純粋な親切心です。

でも、恥ずかしいことでしょうが、当時の私はそれが導き出せなかったんです。

「できますよ。」自分の可能性を信じてもらえた

私は尋ねました。

「私にもできますか?(そうなれますか?)」

「できますよ。」と、その方は言われました。

たったその5文字が、私を変える・動かす力となったのです。

つまり、私は、自分の可能性を信じてもらえたと感じて、自分にもできる、と思えたんです。

裏を返せば、私はそれほど自分を信じられず心が病んでいて、自信などありませんでした。

だから、とてもとてもうれしかった。

変わるきっかけはたった5文字。だけど大きく実を結んでいった。

どうすれば、“困った人がいる、親切にする”ようになるかは、その方は言われませんでした。

ただ私は、幸せになるためには、自分の力(足)で生きれるようにならなきゃだめなんだ、ということを漠然と感じたと思います。

そこへ向かって進むと、気づけば普通に親切ができるようになっていました。

数か月前にその方は言われました。

当時の私は「この人はダメだと思った。」と。

こうなると思っていなかった。いや~人って変わるものですね、と笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。