自分ではない誰かの言葉が自分の口をついて出る

以前、自分ではない人の言葉を、自分の言葉として発していたことについて書きました。

つい最近のことを書いてみようと思います。

それは人との会話中のことでした。

このときだいぶリラックスしていました。

私は、普段から「自分を○○○○ない」とよく口にします。

で、このとき同じ意味合いで

「ほんと私って△△ないですよ」と言ってね…

顔にも口にも出しはしなかったものの、

内心「え!?」とぞっとしました。

だってね、

知っている人が、私を指して、誰かに、同じ言葉を、言ったのが(映像として)見えて、

同時並行で、私は言っていた。

結構な年数、「●●がない」→「自分を○○○○ない」と類義語だけど、自分が言うセリフがこう移っていって、

ついに「△△ない」ととどめかのようなセリフと吐いた。

という見立てでいますが、

たぶん最後は、リラックスした状態ぷらす、そこが大きな光の空間だったから、

ここまで明らかなものが出てきたのかなと思っています。

でもこれって、私の弱さ(闇)がスキ(闇)を許してるんです。(と思いました)

*アップしてから、なんか書きたかったことと違う…と思って、

書き直しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です